愛媛大学の就職率

愛媛大学の就職率は全学科で高めであり、就職希望者のほとんどが民間企業や官公庁等に就職をしています。

愛媛大学の就職率が高めの理由として、四国地方を代表する国立大学であり、優秀な学生が多く、上場企業を始めとする民間企業からたくさんの求人があるためです。

この大学の各学科の就職率は、医学部では医学科と看護学科ともに就職率は100パーセントになっており、全ての就職希望者が民間病院等に就職をしています。

理学部の卒業生は就職をせずに大学院に進学する学生が多いですが、就職希望者のほとんどが就職を決めています。

工学部も理学部と同様で、半数近い学生が就職をせずに大学院に進学をしていますが、就職を希望するほとんどの学生は就職を決めています。

理系の学部の進学率が高い理由としては、大学院で修士課程や博士課程を修了し、修士や博士の学位を取得する方が就職に有利になるためであり、大学院に進学した学生の多くは、大学院を卒業後は著名な大企業に就職をしています。

この大学の文系の学部としては法文学部がありますが、法文学部の卒業生の就職率も極めて高く、一部上場企業や官公庁などに就職しています。

教育学部の就職率も大変高く、教員採用試験に合格して教員になる学生も数多くいます。