愛媛大学の学生

愛媛大学は松山市に本部を置く国立大学で、ここに通う学生たちは、地域に根ざした知的・文化水準の向上と自分自身が目指す目標の実現に向けて、学習・活動に取り組んでいます。

全ての学生たちが入学から卒業までの中で、一人ひとりが人生を歩んでいくために必要な知識・能力・技術を習得するためには、「学生中心の大学」の教育体制が必要であるという考えのもと、ここでは、学習する側の視点に立って教育改革や環境整備を推進しています。

大学生活の中で学ぶべきことは、正規の授業のみならず、アルバイトやボランティア活動なども大切な社会勉強となります。

将来、社会の中で生きていくため、自分自身の意見を持ち、常に向上心をもって、新しいことを自主的に学び、仲間とともに歩む力が必要とされます。

この学び舎には、自己を磨くために必要なチャンスがたくさん用意されています。

現在通学している在校生たちも、自分自身が目標とすることを実現するため、授業や課外活動を通じて様々なことを学んでいます。

大学を卒業すれば、いよいよ社会の荒波の中で生きていくことになります。

自分自身で何を求め、将来社会でどのようなことを成し遂げたいのかをよく考えて、選択することが大切です。

愛媛大学は、自分自身が最も必要とする授業やチャンスを与えてくれます。